何でセックスは好きなのにエロ電話を食わず嫌いするのですか!?

「食わず嫌い・・・」私はこの言葉というのが昔から嫌いです。

食わず嫌いをしないでくださいいや、食わず嫌いという言葉自体に嫌悪感を抱いているのでは無く、食わず嫌いしている人が嫌いなのだ。

セックスは好きなのにエロ電話なんてアウト・オブ・眼中・・・死語を使ってしまったが、なぜ多くの男性はセックスの為なら何でもするエロ男ばかりなのに、私がエロ電話を進めても拒絶するのだろうか。

良いだろうか!?

女性は男性ほどエロ電話に拒絶する人は少ない。

むしろ、エロ電話というのに圧倒的に女性プレイヤー数が多いし、LINEやカカオトークなどの無料通話アプリが広まってからは、劇的に女性のエロ電話プレイ人口が増えた。

それなのに頑なに自分の殻を破ることが出来ない哀れな男達・・・

どうかんがえてもセックスは好きなのにエロ電話を楽しまないなんて、食わず嫌いにも程があるんですよ!

確かにエロ電話未経験の男にとって最初エロ電話に手を出すのは恥ずかしさを感じるかもしれないし、世間一般的には手を出しずらい領域なのかもしれない。

だがしかし!少しでも我慢をすればエロ電話というのは確実に全ての男達が強い性的な快楽を手軽に味わえる最高の遊びとなるのは間違いないのだ!

セックスとエロ電話は紙一重であると私は本気で感じているし、例え彼女やセフレと遠距離状態になったとしてもエロ電話さえ楽しめれば、全く浮気をしようとは思わなくなる。

それくらいエロ電話の本当の楽しさというのはリアルセックスに近い快楽だと言えるし、バーチャルな環境でも強い性的な刺激を味わえる唯一の方法だと思うのだ。

だからこそ、まだエロ電話を食わず嫌いしている男性は、これを期に改心して欲しい!

エロ電話で感じる恥ずかしさなんてのは、ほんの一瞬に過ぎないのだ。

社交的な男性なら10分も我慢すれば直ぐに馴染めるだろうし、シャイな性格の男性でも2~3回のエロ電話を体験すれば確実に慣れるのだ。

セックスだって同じではないか!

童貞が最初のセックスを体験した時に、女性をイカせる事なんで絶対に無理だろうしマンコの位置が分からずにあたふたする経験をしただろう。

エロ電話なんてのはリアルセックスに比べれば本当に参入しやすい!だからこそ余りにも勿体無いことをしているエロ電話未経験の男性には直ぐにでもエロ電話を楽しんで欲しい。

食わず嫌いなんて、人生において何の得も与えてはくれないのだ。

FacebookやTwitterを利用したナンパは結局のところ出会い系を使うのと大差なくなってます

当サイトでは様々なソーシャルメディアから無料通話アプリなどを利用した異性との出会いについて深く追求していますが、最近になって明らかにTwitterとFacebookが出会い系サイト化していると言わざるを得ません!

特にTwitterの出会い系サイト化というのは著しく、私からしてみるとワクワクメールやハッピーメールなどの大手出会い系よりも割り切りや援助交際の巣窟になっていると感じます。

更に、最近になって若い女性達の間で急速に広まっている「パパ活」というプチ愛人的なパパを探す活動に関しては、Twitterで流行り始めるという異常な状況となっています。

しかし、大手出会い系サイトやアプリは何か事件が起きる度に、ニュースで報道されてしまい運営者が警察に逮捕されるという流れも起きています。

それなのにTwitterは一切お咎めなしですからね・・・

どう考えても警察は外資系企業にはあまり強く圧力を掛けられないという構図がハッキリと見えてしまいます。

私は思います。

現状のネットを利用した出会いやナンパというのはTwitterとFacebookを使おうが出会い系サイトを使おうが大差は無いと・・・

一見、TwitterとFacebookを利用したナンパの方が安全であると思う方が多いですが、それは大きな間違いであると私は確信しています。

むしろ、ソーシャルメディアを利用した出会いの方が、その闇は深く思いもよらない男女トラブルに巻き込まれる可能性は高いと感じています。

ですので、ネット上で見知らぬ異性を口説いたりナンパする場合は、どのような出会いツールを利用する場合でもあまり大差は無いと心掛けて利用することをオススメします。

また、現状においては無法地帯と呼んでもおかしくないレベルであるTwitterを利用した出会いに関しては、かなり慎重に相手の見極めを行うべきです。

特に、パパ活などをしている女性達には要注意です。彼女達の中には援助交際や割り切りの事を「パパ活」だと思い込んでいる女性もかなり多いですからね。

初心者でも「情熱」さえ籠っていればテレフォンセックスは成功する!

今回は、テレフォンセックス初心者の方に向けてのアドバイスを行いたいと思います。

ツーショットダイヤルやLINEなどの無料通話を使ってテレフォンセックスに初めてチャレンジしてみたという男性は最近かなり増えています。これは女性達がテレフォンセックスを日常的に行う子が増えているからです。

今まではスマホでテレフォンセックスするには通話料金というお金を支払わなくては出来ませんでしたが、上記でも述べたLINEやカカオトークなどの無料通話を使えば、何時間でも完全無用でテレフォンセックスできる環境が整った影響があります。

当然、今まで有料だったのが無料で楽しめる訳ですから、電話好きな女性達がテレフォンセックスに手を出し始めるのは当然という流れとなっています。

ある意味で女性達のテレフォンセックス需要が増えていますから、我々のような男達にとってみれば絶好のテレフォンセックスチャンスであるのが現在の状況だと言えるでしょう。

しかし、テレフォンセックスを始めて楽しむ男性にとってテレフォンセックスはなかなか難易度が高い遊びだと思う方が多いようです。

色々なテクニックをネットで検索して楽しむ人もいるでしょう。また、ツーショットダイヤルの無料お試しなどを使って手当たり次第に女性達にアタックする人もいるでしょう。

そんな中で、なかなか思うようにテレフォンセックスが楽しめない、上手く行かないという男性も多いのではないでしょうか?

私からしてみると、テレフォンセックス初心者の男性は小手先のテクニックを調べて実践したり、手当たり次第に女性にアタックするのは意味がない行為に思えるのです。

何故なら、そのような事はある程度の慣れと実績が伴ってからした方が結果的にはテレフォンセックスが上達するからです。

では、初心者の方はどのようにテレフォンセックスを楽しめば良いのか?

それは間違いなく「感情」を強く出して、女性に対して真剣に接するべきだと確信しています。

とにかく本気で気合を入れながら女性とのテレフォンセックスを楽しんでみて下さい。本能的に喋ってもらって構いせんからね。ハッキリ言って、テレフォンセックス初心者の方のプレイは下手くそなんです。

会話の組み立て方も甘いですし、テクニックを知っていても使いこなせる筈がないのです。何故なら、慣れていませんし場数が少なすぎるからです。

ならば、人間としての魅力を出して行けば良いのです。女性に真剣に接すれば、その気持ちは相手の女性に確実に伝わります。そのようなスタンスでテレフォンセックスを楽しめば、たとえ下手くそであったとしても女性は嫌な素振りなんて絶対にしません。むしろ、好かれる事の方が良いのです。

まずは、この状態をキープしながらテレフォンセックスを楽しんで下さい。そうすれば自然に慣れて来ますし、徐々にテクニックなどの使い道も身に付いて来ますからね。

とにかく、情熱を込めて自然体で行う。これがテレフォンセックス初心者の男性がすべき事なのです。

何度も言うが人妻とのテレフォンセックスは最高に興奮する!

久しぶりに人妻系ツーショットダイヤルの代表格であるミセスアイにて、強烈に興奮するテレフォンセックスをしてしまった。

まるで女の子が潮を吹くように射精してしまった俺・・・

こんな中学生の時でもなかなか経験しないような爆発的なオナニーをしたのは何十年ぶりだろうか?

もちろん、オナニーと言ってもテレフォンセックスをしながらであるから、厳密に言えばバーチャルセックス射精である。

相手の人妻は41歳の自称「真木よう子」似の可愛らしい声をした奥様だった。

喋り方も丁寧で性格も控え目。しかし、テレフォンセックスしている時の喘ぎ声は強烈だった!どこから動物のような喘ぎ声を出すか今でも疑問に思う。

彼女はイメージプレイを望んできた。私が彼女の元カノの役を演じて、彼女は素の自分という設定だ。

所謂、恋人プレイという部類になるだろう。

まるで、本物の彼氏のように俺を扱う彼女のトークには直ぐに引き込まれた。

俺もテレフォンセックス歴は30年以上であるから極上の女とは何人も対戦してきたので、半端な色気の女ではなかなか興奮できない体となっている。

しかしだ!彼女と恋人プレイしていると、僅か数分で世界に引き込まれてしまった・・・

無論、イチモツはフルマックスで膨張しており直ぐにでも右手を取り出してシゴく体制。しかし、彼女のトークが余りにも恋人気分にさせてくれるから、なかなかオナニーなどという野蛮な行為ができないのだ・・・

なんと言うか、とにかく心地よいエロスに包まれている感じが常に持続する。

テレフォンセックスに関しても本当に自然に始まっていた。普段はロクに喘ぎ声も出さない冷酷な俺だが、彼女の一言一句に反応するように猿のような声を出して必死にチンポをしごいていた。

射精の瞬間は強烈なオーガズムを感じたのだが、実はその後の記憶が完璧に飛んでしまっている。

俺は、彼女の

「大丈夫?ねえ、生きてる?」

という声でやっと我に返ったらしいのだ。余りにも彼女とのテレフォンセックスが良すぎて、どうやら俺は気絶状態となってしまったらしい。

こんな強烈なテレフォンセックスは本当に始めてかもしれない。

俺はあの人妻さんと繋がれた事を絶対に忘れない。そして、改めてテレフォンセックスの素晴らしさを知ったし、これからもテレフォンセックスを心から楽しむとここに誓う。

クサいセリフもエロ電話では効果的!女性のアソコを濡らすコツ!

普段からナルシストで自分に酔っているような男・・・

このような性格の男性は、現実社会においては女性から敬遠される傾向の強い男性タイプだと言えるでしょう。1980年代~90年代に流行った俳優ブームの時であれば、このようなナルシスト男がモテるという感覚もありましたが、2016年現在においてはモテる要素はゼロだと言えるでしょう。

ナルシストでキザなセリフや態度しかしね?エロ電話プレイに関していえば、上記のようなナルシストで自分に酔っているような性格やタイプというのは無視できない存在とも言えるのです。

ずばり!エロ電話においては多少のクサいセリフやナルシストな会話というのは女性の下半身を濡らす効果的なテクニックとなるからです!

これは電話での会話という特性に秘密があると私は思っています。ツーショットダイヤルを利用した女性との会話というのは基本的にお互いの顔もスタイルも分からない状況です。

そのような状況でバーチャルなセックスを音声通話で楽しまなくてはなりませんので、平凡な会話のみだと女性を感情移入させることがかなり難しいのです。

だからこそ、普段では口にしないようなクサいセリフやナルシストな態度などをエロ電話プレイの中に取り入れるべきなのです。もちろん、やり過ぎは禁物ですからね?あくまで適度にキザな言葉やクサいセリフを入れて行くのがポイントなのです。

例えば、女性に対してオナニーの準備をさせる時。この時は女性に指示してパンティーを脱がさせたりブラジャーを外すように指示しますが、普通に「パンツ脱いで?」とか「ブラジャー取ろうか?」などでは女性は興奮しません。

少し強い口調で

「お前の声を聞いてたら大きくなっちゃったよ。優しくしてあげるからエッチな事しよう。俺の声でお前を激しく犯してあげるから履いているパンツを脱いでみろ!」

このようなセリフを堂々かつ甘い口調で女性に囁きましょう。

その気になっている女性でしたら、このようなセリフをキザに決めれば完全にエロモードになりますからね。

注意点としては絶対に恥ずかしがってはダメです!むしろ自分のことをナルシストでキザな男だと洗脳しながら堂々と女性に言って下さい。電話での会話というのは基本的にお互いの会話がクールに聞こえてしまう特徴がありますから、多少オーバーに言うくらいのほうが効果的です。

エロ電話プレイの目的はお互いに気持ち良くなることです。最初は恥ずかしくて上手く行かないかもしれませんが、常に意識して楽しめば直ぐに慣れます。是非とも、ナルシストでクサい自分になりきってエロ電話を楽しんでみて下さい。

上手く出来ればエロ電話が終わった後の女性達の反応が明らかに違いますからね!

変態になればテレフォンセックスは数倍楽しくなる!

今回はテレフォンセックスを楽しんでいる人に、その楽しさを更に引き上げる方法についてアドバイスしたいと思います。

そのアドバイスとは実にシンプルです。

現状であなたが楽しんでいるテレフォンセックスプレイを、より変態でアブノーマルな内容にして楽しんで欲しいのです。

ノーマル性癖の方は特に意識して欲しい。

言葉責めや指示オナニーなどでしたら簡単に取り入れる事ができるアブノーマルプレイですし、思い切ってイメージプレイなどでSM調教や無理矢理系犯すレイプなどのハード系や鬼畜プレイを再現してみても良い。

変態やアブノーマルなセックスや性癖の定義は基本的に、リアル社会ではあまり受け入れられないプレイです。

しかし、テレフォンセックスは肉体的な接触がありませんから他人に迷惑を掛けることはありませんし、性犯罪行為にも該当しません。安全の中で変態や鬼畜を思い切り楽しめる空間と考えて下さい。

むしろ普段体験できないプレイほど女性も興味を示しますし、プレイした時の反応も大きいのです。

既存のテレフォンセックス友達にいきなり変態プレイを持ち掛けるのはドン引きされそうで怖いと思っている方は、SM系ツーショットダイヤルを使ってみて下さい。

SM系やマニア系ツーショットダイヤルにはアブノーマルやマニア性癖を持つ女性ばかりが利用していますので、直ぐに変態テレフォンセックスを楽しむことが出来るのがメリットです。

更に、変態テレフォンセックスに慣れている女性を見つければ、自分のプレイに直ぐに変態要素を取り入れる事が出来ますので是非とも数人は変態テレフォンセックス友達を作っておいて欲しいですね。

テレフォンセックスは変態な方が確実に楽しいです。世の中には様々な性癖やセックスプレイがありますし、それぞれに違う感覚や刺激がある。

テレフォンセックスは、無限に広がるセックスの世界をノーリスクで楽しめる貴重な遊びだとも言えるでしょう。

是非ともテレフォンセックスプレイヤーの方々には変態やアブノーマルを取り入れて欲しいです。

寂しさや孤独を匂わす会話をする女性は出会いを狙いたい

今回はツーショットダイヤルを代表とする電話コミュニティーを利用した際の女性達の会話への対応についてお話したいと思います。

多くの方がツーショット番組を利用して目的としているのか店舗型のテレクラで一般的な出会いだと思います。

電話で始めて繋がる異性が会話をして意気投合すれば待ち合わせに発展する。

これは、多くのテレクラナンパ師さんが目的としている事ですが、ツーショットダイヤル番組も基本的には同じコンテンツだと言えるでしょう。

さて、そんなスピーディーかつエキサイティングな出会いを電話コミュニティーで出会う際に重要なのが、私は女性の会話の見極めだと考えています。

会話に寂しさや孤独感か出ている女性

私は最速で出会いをツーショットダイヤルでゲットするなら、このタイプの女性を見付けるのが手っ取り早いと感じます。

まず、寂しい女でツーショットダイヤルを使っているような子は間違いなく直ぐに男を欲している可能性が高いです。

やはり、人間は寂しいと本当に苦痛を感じます。

一人で家にいても何も刺激も楽しさも無いからです。

ですから、このように寂しいと感じるような会話をする子や、やたらと孤独感を抱えているような女性と電話が繋がった際は相手の女性を癒してあげるような会話を心掛けて行くと良いでしょう。

 

超高齢化社会の日本の今後は割り切りセックスが横行するのではないだろうか?

日本は今、超高齢化社会の正に入り口に立っている状態だ。現状の日本国内を見ても明らかにその予兆を感じる。

限界集落の増加

養護施設や老人ホーム問題

街中で見かける老人の割合の明らかな増加

巣鴨地蔵通り商店街このまま日本の高齢化が止まらなければ巣鴨にある「地蔵通り商店街」という通称お婆ちゃんの原宿と呼ばれる場所があるが、日本全体が地蔵通りになってしまうのでは?とまで私は考えている。

少子化なのも日本の大きな問題だが、ハッキリ言って今から日本人の既婚者達がパコパコセックスしまくり、子供を増やしても数十年先の若者と高齢者の数の割合の差が大きく縮まるとは思えない。

無いよりはマシ程度だといえる感じ・・・

この方法を救うとしたら、日本政府が政策として「世界中から移民を受け入れるしかない!」と思っているのだが、実はこの移民の受け入れに関しては前々から国会で議論されて来た。しかし、移民の受け入れは治安悪化というリスクを伴うのも事実。

長期的な目線で見れば、移民の受け入れは日本の高齢化社会及び、少子化を食い止める唯一の政策なのだが、残念な事にこの移民の受け入れを拒否している人々こそ、現在の高齢化社会の原因となっている老人達の移民政策猛反対でもあるのだ・・・

正に不のスパイラル状態である。

私は今後数年間に起こるであろう未来を予測してみた。

それは、女達の貧困の格差の更なる開きだ。

この日本という国は他の先進国に比べて圧倒的に男女不平等な国だと言われている。女性の正社員は圧倒的に少ないし、妊娠や子育てのケアをしてくれる会社なんてのは大企業のほんの一握りでしかない。

増えまくる非正規労働者達。

会社役員や創業者、外資系の会社や海外ヘッジファンドなどに日本の金を毟り取られる構図もこの原因の大きな問題だろう。

最大の被害者は日本で最も優遇されていない底辺社会で暮らす事しか許されない女性である。

残念ながら彼女達が金を稼ぐ方法はそう多くはない。必死で勉強して資格を取り安定した就職をする、金持ち男を捕まえて結婚する。

一番に簡単な方法は自らの体を売る事である。つまり、割り切りや援助交際で様々なコミュニティーサービスを使い倒す。

恐らく、今後の日本は社会の底辺に落ちてしまった女達の割り切りセック需要がとんでもない速度で増えて行くだろう。

虚しい世の中にも感じるが、これがリアルな日本の近い未来である。

日本の景気とセックスの関係!少子化問題を唯一救える方法

今回は小難しい話になるが聞いて欲しい。

全くもってアベノミクス相場は不安定過ぎる。安倍首相は中国経済が少し揺らいだだけで、日経平均株価が3000円も暴落させた。

投資家達は日本の相場はカジノだと思い込み、ヘッジファンドの思う壺になるだけだぞ?

私はアベノミクスと呼ばれる大規模な金融緩和を始めてしまったからには、とことん日本円を増やして行かなくては成功する道は残されていないと感ている。

もし仮に、日銀の黒田総裁が「これ以上の追加緩和」しないと宣言したら、確実に日経平均株価はドン底まで舞い戻るだろう。そして、本来なら株が暴落すれば日本円は買われて来たが、今回の場合は逆の動きとなるだろう。

アメリカが利上げして、日本円は徹底的に売られる。こうなれば、日本は一気に後進国の仲間入りだ。アメリカからも見捨てられ、日本は一度破産の道を選択するのではないだろうか?

要はアベノミクスを成功させれば良いだけの話だ。

そさえ、景気が上がれば日本国民に余裕が出来て、人間の本能であるセックスの回数が増える。

セックスの回数が増えれば、それは子供が増えるという事だ。そうなれば緩やかに子供が増えて、少子化問題も少しはマシになる。

良いだろうか?景気というのは日本人の気分次第なのである。皆が金に余裕が出て来たと錯覚させる事が出来れば、不況なんてのは一気に吹き飛ぶだけの話。

アベノミクスに失敗は許されない。私は、どんなに国債を買い支えてでも金利低下をキープしつつ、大規模な追加金融緩和を宣言するべきだと思う。

何なら、今後20年間メチャクチャな金額を容赦無く緩和すると宣言しても良いと思う。

アベノミクスは今後の日本がドン底になるか、それとも少し良くなるかの瀬戸際であり、大きく考えれば安倍首相と日銀の黒田が行なっているロシアンルーレットなのだ。

人妻エロ電話のメリットは限りなく多くデメリットは少ない

人妻さんとのエロ電話エロ電話プレイが気軽に全国の見ず知らずの異性と楽しめるツーショットダイヤル番組。その中でも私は頻繁に主婦や人妻などの熟年女性とのエロ電話を楽しむ事が多いです。

何故かと言えば、彼女達とのプレイはメリットばかりでデメリットが一切ないからです。

今回はそんな主婦や人妻など世間一般的に言われる「熟女」達とのエロ電話メリットとデメリットについてお話したいと思います。

そもそも、ツーショットダイヤル番組は一般系と人妻系の番組にジャンル別けされて番組が存在している事が多い。

ツーショットダイヤルが出来始めた約25年前からこの傾向は強く見られ、ノーマル回線は若い子が多く、それとは別に人妻・熟女回線が用意されている感じの番組が非常に多く目立っていました。そして、最近では完全に人妻や熟女回線を独立させた「人妻系ツーショットダイヤル」もかなりの番組数が存在しています。

ノーマル系ツーショット番組を例に挙げれば

マックス、ハニーライン、ハニートーク、セブンティーズコール、スイートコール

などが代表的でしょうか?

一方で、人妻・熟女系ツーショットダイヤルは

ミセスアイ、華の会、美人花壇、モモコ、マンゾク、AMM

などが有名です。

では、何故ノーマルと人妻系の番組をわざわざ独立させて運営するのか?これについて考える必要があると思います。

私なりに考えてみました。まず考えられるのがツーショットダイヤルという番組は基本的にテレクラがオリジナルだと言えます。そしてテレクラがブームだった時期は1980年後半から90年中盤くらいまで。

つまり、この時期に思春期や青春時代を送っていた女性達が現在もテレクラの楽しさを求めてツーショットダイヤル番組を使うから、女性年齢層的に今の人妻・熟女さん達のツーショットダイヤル需要が高い。だから分離して運営されている。こんな考えが思い付きます。

更に、エロ電話というプレイに関しても元々テレフォンセックスは黒電話から公衆電話が一般化した辺りの時期に大ブームを起こした遊びです。ですから、上記と同じ年代の女性が今でもエロ電話を求めてツーショットダイヤルを利用する傾向が強い。

つまり、圧倒的にツーショットダイヤルを積極的に楽しむ女性年齢層というのは現在の人妻や熟女さん達が多いという事です。

実際に、多くのツーショット番組を使うと30代中盤から50代の女性に電話が繋がる事は非常に多いですからね。上記の理由はかなり濃厚だと言えるでしょう。

次に、彼女達とのエロ電話のメリットについてお話しましょう。

基本的に上記の理由から、彼女達とのエロ電話は物凄くやりやすいし、若い子に比べると喘ぎ声なども積極的に出してくれるので男としても気分が良い点がまず上げられます。

更に、イメージプレイ・言葉責め・命令や指示プレイなどにも柔軟に対応してくれるので、やはり若い子には無い刺激を簡単に体験する事がメリットだと言えます。

更には、出会いの面においても非常にメリットが大きいと感じています。彼女達はテレクラが流行った時代を経験している訳ですから、電話での会話でお互いの目的を導き出して気が合えば直ぐに待ち合わせする、テレクラの一連の流れを知り尽くしています。

だから、お互いの目的や性格さえマッチング出来れば極めて短時間で出会う事が可能だったりします。これは非常に重要なメリットと考えるべきでしょう。

そしてデメリットについて

これに関してはぶっちゃけ殆ど無いと個人的には考えています。もし、デメリットを絶対に上げろ!と言われれば、人妻は既婚者でもありますから「旦那にバレる」と言う点が上げられるかもしれません。

しかし、ツーショットダイヤルを積極的に使うような人妻達は旦那バレに関してはかなり気を使っていますので、修羅場や男女トラブルに巻き込まれるなんて事は私は一度も経験した事がありません。

変な話、ノーマルツーショットダイヤルで知り合ってセックスした女の子が「未成年」だったなんて方が桁違いに洒落になりませんからね・・・旦那バレだったら民事で済む問題ですが、未成年少女だった場合は一発で刑事事件ですからね・・・

上記の理由で、私は人妻達とツーショットダイヤルでエロ電話を楽しんだり、テレクラ感覚の出会いを楽しむのは極めてノーリスクで安全だと考えています。

最後になりましたが、今回の人妻さんとのエロ電話のメリットは私が尊敬する

人妻エロ電話バンク「熟年女の攻略塾」と言うサイトの管理人さんの助言を元に構成及び執筆に至りました!管理人さんには公私共に非常にお世話になっており、私のエロ師匠でもある人物です。

当サイトでは書ききれない、非常にディープなエロ電話の世界や人妻・熟女ナンパの攻略法なども神レベルで書かれているサイトですので、是非とも参考にしてみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ